FUTA DIARY

初めての犬と生活・・・どうなる飼い主夫婦? 右往左往な毎日です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横隔膜ヘルニア

まだ 前回の記事のコメント返しができてなくて ごめんなさい。 ><

さらに 旅行記事やクーちゃん記事も溜まってるのに・・・ (汗

もう少し気持ちが落ち着いたら、必ず返事をかきますので、暫くお待ちくださいね。




5月12日(月)、凛が『横隔膜ヘルニア』の手術をしました。 

かーちゃんね、初めて聞くこの病気に 先生から何度も説明受けたんだけど、「なんでりんが?」てそればっかり頭の中ぐるぐるしちゃって。

てか、ほんとかよ? て半信半疑な状態でしてね。 


だってね、5月9日(金)、いつも通り、仕事から帰って、かーちゃん+ふうりんで散歩行ったんですよ。 

そらもう ふたりとも元気に走り廻っちゃって。 ^m^

ボール遊びもしたし! たっくさん歩いて 楽しかったね♪ て帰ってから、すぐにおイモのオヤツもあげて。

でね、その後10分後くらいから、りんが吐き始めたんですよ。

前回(昨年12月)の時と一緒で、今回も5.6回吐きましてね。

3回目からは 黄色い液体だけ・・・ やっぱり、夕飯食べず、ひたすら 寝てる(動かない)りんさん。

あぁ~ また胃腸炎かな? て・・・・ 

翌5月10日(土)、前回と同じ病院へ行って来ました。

今回は、血液検査+レントゲン検査。

この時 先生からレントゲン写真を見て、「横隔膜ヘルニア」の診断が言われました。  

人間の体にもある横隔膜。

これは、心臓・肺がある胸部と、内臓(胃・肝臓・腎臓等)がある腹部を分けるための膜でしてね。

その膜が何らかの理由で破れてしまって、臓器が胸部に飛出し、心臓・肺を圧迫する状態で、りんは すでに心臓が押されて非常に危険な状態でした。

この病院ね、MRIやCTの設備がなくてね・・・ 

先生からは、「開けてみないと(手術してみないと)、内臓の何が飛び出てるか?分からない!」て言われて。

おいおい! ほんとにこの病院で大丈夫? て。



横隔膜ヘルニアには、先天性と後天性があるそうです。

先天性は 生まれながらに横隔膜に穴が開いていて、年齢と共に呼吸が激しくなったりと症状がでるそうです。

が、症状のでるのは もっと早い時期(1歳未満)。

後天性は、交通事故・落下・蹴り上げるといった衝撃があった時だそうです。

でもね、りんは そのどれにも当てはまらなかったの!

事故なんてなかったし!前日は、走り廻って、ボール遊びまでしてたんだよ。

もちろん 落下や蹴り上げるなんてこともなかった。

ただ、かーちゃんとっても不思議に思ったことがあって、それは、リんが吐いてる時、「ガァコッ!ガァコッ!!!」てすごい音して吐いてたことなの。

最初、かーちゃん凛が吐いてるって気付かなくて、その音だけ聞いて、「あれ?食洗器の中で食器が暴れてる?」て思ったくらい、すごい音だったの。

その事を先生に話したら、「吐いた衝撃で 破けたんだろう」との事でした。


土曜日に診察してもらい、最短で手術できる日は 月曜日との事で、手術をお願いしました。 


(ただ 大きな声では言えませんが、あまりにも その病院が信用できなかったかーちゃんは、設備が整った病院へも連絡し、手術をお願いしたのですが、2.3日後でないといっぱいで無理と言われ、これまた違う病院へも聞いたのですが、その病院では 設備が整ってないので、これほど危険な手術は出来ない!と言われました・・・ 号泣)



土・日とほとんど寝れなかったかーちゃん。

りんの呼吸が 確実に浅くなっていて、完全に吐いたり吸ったりが出来てないのが 見て分かりました。

寝てる間に りんの呼吸が止まっちゃうんじゃないか? てそればっかり。

夜中何度も、凛のお腹を触り、動いているのを確かめました。

あと どうでもイイ話ですが 泣き過ぎて、目が開かなくなる&鼻の穴の廻りの皮が全部剥けました。 (苦笑



5月12日月曜日 AM9時に病院へ。

すぐに りんの腕に「栄養剤」の点滴がされました。

金曜日の夜から まったく食事が出来なかったりんさん。

すでに 低血糖症になりかけていたそうです。

あと、体内の酸素濃度も落ちてる。とのことで、手術まで酸素カプセルに入って待機とのこと。

この病院は、土曜日の午後と日曜日1日 休みってこともあって、すでに手術が2件入っていたそうで、りんの手術は夜に行うと言われました。

遅くても良いので、連絡ください! と伝え、病院をあとにしました。


先生から電話連絡がきたのは、PM11:15頃でした。

「手術は成功しましたが、脾臓が全部と胃・大腸の一部が飛び出ていました。 大腸・小腸とも非常に痛んでいて危険な状態です」とのことでした。 

ただ りんはちゃんと麻酔から目を覚まし、頭を上げて、しっかりした目で見ている。とも言われました。 

たっくさん神様にお礼を言い、たっくさん泣いて、凛の生命力を信じました。 (それしか 出来ないしね)



5月13日(火)

りんの面会へ行ってきました。

かーちゃんを見ると 近付いて来てくれました。

酸素カプセルに入っていても、かーちゃんのせいか?興奮しちゃって、はぁっはぁっ 息も荒くて。

でも 目はしっかりかーちゃんを見てくれました。

その後 先生から手術の説明を聞き、今現在、りんの大腸がとても破れやすい状態で、万が一敗れた時は死にます。と言われました。

rin20140512.jpg
5月12日の写真です。 (写真が縦にならない~ 涙)

笑ってみえますが、呼吸が荒いだけです・・・  一応 酸素カプセルに入ってるんだけどね・・・ (汗


1日1回 毎日面会に行ってますが、りんさん 確実に元気になってきてます。

食欲もあるそうです。 ^m^

昨日は 吐いたあとがあって、心臓が飛び出そうなくらいショックでした。(吐いたのが原因で 横隔膜が破れたので)

が、今日は、「あたちも一緒に帰るわ!!」と酸素カプセルのガラスをガンガン叩いて、帰るアピールしてくれました。 

昨日の夕方以来吐いてはおらず、また、うん○もでたそうです。

大腸・小腸が痛んでいたため、術後はほとんど働いておらず、先生から「ご飯が食べられて、腸が動き始めたら 大丈夫!」て言われていたので。

今日 先生から「来週頭には退院だね」と言われました。 (嬉泣


まだ 退院出来て、抜糸が済んで、元気に走り廻れるまで 安心できませんが、今回の事をちゃんと記録しておこうと思います。

長々と書いてしまいましたがお付き合いありがとうございます。


ちなみに風太さんですが・・・

P1270414.jpg


ひとりっこ生活を満喫しております。 (笑


スポンサーサイト

左サイドメニュー

プロフィール

麦茶

Author:麦茶
長野県在住
O型・天稟座
座右の銘「自画自賛」

風太:パピヨン ♂ 
H2009.11.18生
まだまだビビり小僧ですが、なぜか?家では王様気質!
敵:郵便屋さん
友達:ハイマキくん

凛:パピヨン ♀
H2011.07.21生
まだまだ未知な娘。 
好きなもの:風ちゃん・ハイマキくん






いくつになったの?

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。